イボがとれる3大成分。副作用はありませんか?

首から肩、デコルテにかけて気になる茶色い粒粒。

 

盛り上がった小さなシミ。

 

実は、これ、老人性イボと呼ばれるものなんです。

 

首すじにできる茶色いブツブツしたものは、

「首イボ」と俗称で呼ばれることもあります。

 

ここでは、そんなイボを取り除くのに

効果があるクリアポロンの成分と副作用の心配についてまとめました。

 

 

クリアポロンには、どんな成分が入っているの?

クリアポロンの成分は、大きく分けて3つの種類に分かれます。

 

1.イボのざらざらに効く

Wヨクイニン・あんずエキス・ダーマヴェール

 

2.透明感を出す3つ 

ビタミンC誘導体・プラセンタ・アラントイン・

 

3.うるおいを与える 

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・スクワラン・トレハロース

 

ずいぶんと多くの成分が入っていることに驚かされます。

 

さすが、クリアポロンひとつで化粧水、

クリーム、美容液の役割を果たしているだけのことはありますねー!

 

>>クリアポロン詳細を確認!

 

 

 

クリアポロンにはイボに効く成分が入っているの?

数ある有効成分の中でも、

クリアポロンがイボに効果があるのは何故でしょうか?

 

クリアポロンの「何がイボに効果」あるのでしょうか?

 

ダブルヨクイニン、あんずエキス、ダーマヴェール。

 

この3つの主成分が、イボを取るのに効果を発揮します。

 

それだけではありません。

 

イボが取れる状態に「肌を変える」数々の成分の「コラボ」で、

最終的にイボが取れる仕組みになっています。

 

 

イボができやすい肌は、加齢やストレス、

生活習慣の乱れなどが原因で、肌の水分が失われ、

新しい肌へ生まれ変わるサイクルが遅れがちになっています。

 

クリアポロンのすごいところは、

そんなお疲れ肌の特性をよくわかっていて、

 

水分を「補給」して、

更にその水分を「逃さない」ための成分が入っていることです。

 

中でも「セラミド」は、アトピー肌改善のローションにも

含まれているほどで、水分を肌へ補給する役割に優れています。

 

 

水分は補給しても、どんどん蒸発してしまいます。

 

蒸発する時に、肌の中に貯めておいた水分を一緒に蒸発させてしまいます。

 

そんなことが起きないようにするのが、ヒアルロン酸!

 

ドライアイの治療用の点眼液や関節痛の治療など、

医療現場でも使われている信頼されている成分です。

 

 

 

クリアポロンは、こういうイボには効果はありません

クリアポロンの成分ひとつひとつが連動しあい、

みずみずしい肌へと導いていくことがわかりましたが、

そんなクリアポロンでもできない相談というものがあります。

 

イボはイボでも、ウイルス性のイボの治療をすることはクリアポロンにはできません。

 

「イボ」と同じ名称で呼んでいるので、

実は皮膚科医の間でも「紛らわしい」という意見があります。

 

老人性イボというのは、

肌の老化現象により発生するイボのことで、

これはクリアポロンの得意分野。

 

ところがウイルスが皮膚の傷口に入り込みできるのは、

ウイルス性のイボで、これは皮膚科で焼いてもらうほうが賢明です。

 

色は肌色か白い色に近く、

直径は2ミリ以上、硬く盛り上がっているのが特徴です。

 

 

 

クリアポロン 効果が高いけれど副作用が心配です

クリアポロンに含まれる成分は安全な化粧成分ばかりです。

 

ですから副作用の心配はありません。

 

また、香料・着色料・パラベン・アルコール・鉱物油・

紫外線吸収剤は一切使用していません。

 

今まで「香料でかぶれたことがある」とか

「アルコールがだめ」という方でも安心して利用していただけます!

 

>>クリアポロン公式を確認してみる!

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ