稗粒腫(はいりゅうしゅ)に効果を示す理由は1つだけ!

稗粒腫(はいりゅしゅ、ひしゅうしゅ)とは、

目の下に出来る小さな白いイボのことです。

 

これは、毛穴の皮脂により、毛包部分に溜まったものです。

 

 

つまり、皮膚表面にできる1ミリ~2ミリ程度の角質の入った袋で、

目の下、まぶたなどにできる小さな粒状のもの。

 

 

ざっくり、クリアポロンを使うことで効果を示すの?

となれば、同じイボの種類なので、効果はあるかと思います。

 

 

ただ、気にならなければ放っておいても問題ですし、

それが何らかの悪影響を及ぼしたり、コスメを普通に使っても平気!

 

 

しかし、大人になってからの自然治癒が難しく、

大抵は残ってしまう場合が多いので、注意が必要ですね。

 

 

 

 

稗粒腫の原因って一体何?

ここは、目の周りを刺激するために出来ることがあります。

 

 

元々、目の下、周りは非常に皮脂が少ない部位でもあり、

なぜ、上述した毛包部分に皮脂が溜まるのでしょうか?

 

 

答えは、肌刺激によって、

毛穴の入り口を自分で塞いでしまうことにあります。

 

 

つまり、

・顔を触ることが習慣になっている

・敏感肌である

・目をよくこする

 

 

大まかな原因としては、上記したことになりますが、

原因不明で生まれつきできるものもあります。

 

 

クリームで治すのがいいの?皮膚科に行く方がいいの?

 

すご~く悩むところですよね。

 

ここ、稗粒腫の治し方をネットで調べたら、

 

・細い針でチクチク刺して潰した

・何もしないまま、硬くなりこすったら取れた

・馬油を塗りまくったら、1ヶ月ほどで取れたきた

という、結果になりました。

 

同じイボということなので、艶つや習慣は有効なのですが、

馬油でも取れるなら、それはそれでいいかと思いますよ♪

 

つまりは稗粒腫を取るためにはどうすればいいのか?

ってところですからね。

 

そう思えば、この艶つや習慣も馬油と同じようなやり方でイボを取ります

 

なので、あなたが稗粒腫以外の首イボ、顔イボでお悩みなら、

艶つや習慣を使った方が一石二鳥ということになりませんか?

 

茶色のイボ(老人性イボ)を取るのに適したコスメですから。

 

とにかく、使い方は塗って塗りまくって、

イボを柔軟にし、自然とポロっと取れていくもの。

 

即効性には欠けるものの、安心安全で切ることもなく、跡残りもなし。

 

ここのやり方を決めるのは、ご自身ですが、

一度、お試ししてみるのもいいかもしれません。

 

結論、勇気があるなら針で刺して、潰してしまう!

安心安全にしたいなら、少し時間はかかるけど、コスメが吉!

 

ということになりますね。

 

もし、興味があればコチラの別の記事で、詳細を記してありますので、

一度ご覧になってみてもいいのでは!?と思います。

 

⇒コスメを使ってイボを治してみる!!

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ